特定非営利活動法人出発のなかまの会 みらくるちっぷ 児童デイサービス

あつまれキセキのかけら

低層木造密集地の旗竿敷地に、1 階を児童デイサービス、2 階をグループホームとし、事業主のたっての希望で、燃えしろ設計を用いた木造準耐火建築物として合築した。敷地は四周を隣家に囲まれ、閉塞感があったので、玄関の延長を「とおりにわ」として「ひかりの中庭」と連続させて抜けをつくった。また、木造の弱点である遮音性を補うため、2階床と1 階天井裏を、強化石膏ボードなどを用いた遮音構造床としたほか、建物の色数を減らす、換気扇の擦過音対策、案内手すり、床の衝撃吸収、「かくれが」空間、多様な触感の床材、感覚統合遊具の懸架、離れの小部屋、空間の明暗、場の高低、素材の硬軟など、さまざまな個性を持つこどもたちに快適に使ってもらえるよう工夫した。こどもたちは、私たちの期待通りの使い方と同時に、私たちの期待以上の使い方もしてくれた。安全、効率、コスト、機能など、有限性の総合体である建築が、彼らの無限性にどこまで寄り添えるのか。無限の成長を、有限がどこまで応援できるのか。大人たちの思いが込められた建物は、「みらくるちっぷ」と名付けられた。「ちっぷ」とは韓国語で「家」。奇跡のかけらたちと、奇跡を忘れたことのない大人たちが集まる家。

建築ジャーナル2017年12月号(No.1273)掲載


info@chibicco-plan.com

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所
Mail
TEL:
06-4965-4365
用途(場所) 施設(内装)
特定非営利活動法人出発のなかまの会 みらくるちっぷ 児童デイサービスの写真
大塚謙太郎の他の写真をみるもっとみる
施設(内装)画像の他の写真をみるもっとみる
LINEで送る
Share on LinkedIn

Top