佐倉の週末住宅 子育て世代の自然の中の週末住宅

建物外観(南西からの夜景) ガルバリウム鋼板、片流れの特徴的な外観です。各部屋の前には芝生広場に続く縁側が用意されています。 一見、平屋に見えますが、小屋裏部分に居室のある2階建ての建物です。

東関東自動車道の佐倉ICから程近い丘陵地。周りを畑や雑木林に囲まれた敷地に建つ週末住宅の計画です。

都心に住むクライアントご家族は今回の計画地と周辺の広大な山林を購入され、週末に野菜や果樹の栽培やお子様たちの自然の中での自由な遊びと学びの場として週末住宅の建設を決心されました。

南北に長い計画敷地と西側に隣接する広大な所有地の奥行きに対して開くように、23メートル×10メートルの片流れのボリュームを敷地の中央に配置しました。建物の東側には敷地の入口から建物中央部に設けられたエントランスに続く並木道を。西側には隣接する広大な山林につながる芝生の広場が広がっています。

エントランスのドアを開けホールに入ると、屋根のある半屋外のエクステリアダイニング越しに奥行きのある芝生の広場の景色が広がります。エントランスホールを境にして北側にはメインと子供達のベッドルームとバスルーム、ウォークインクロゼットなどのプライベートエリアを。南側には25畳のリビングダイニングとダイニングとの間の窓の開閉で使い方を変更できるキッチン、玄関ホール脇のクローゼットを配置しています。

特徴的な片流れの屋根は23メートルの長さに渡って同じ架構の小屋組みがあらわしとなっておりインテリアを印象付けています。小屋裏の部分にははしごで上がる子供達のためのスペースが南北に2つ用意されています。北側の小屋裏スペースは大人数の来客時の寝室として。リビングダイニングを見下ろす南側の小屋裏スペースは子供達のためのライブラリーや勉強のためのスペースとして利用されています。

フラット35S金利Bプランに対応するため、省エネルギー等級4を取得しています。屋根には100mm、壁には40mm、床下には50mmの断熱層を設け、屋根と壁は外張り通気工法を採用しています。室内側仕上の下地には防湿層を設け気密性を確保しています。開口部にはすべてLow-eペアガラスを使用しています。


info@tapo.co.jp

TAPO 富岡建築計画事務所
FaceBook
Mail
TEL:
03-3316-5474
カテゴリ住宅(新築)
用途(場所) 全景,リビング,キッチン・ダイニング,洋室
佐倉の週末住宅 子育て世代の自然の中の週末住宅の写真
富岡真一郎+有希子の他の写真をみるもっとみる
全景画像の他の写真をみるもっとみる
LINEで送る
Share on LinkedIn

Top