​森の中の老人ホーム

設計:株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
https://www.ogino-a.com/moriya-home

建物概要

所在地:茨城県守谷市
構造:鉄骨造 2階建て
用途:介護付き有料老人ホーム
敷地面積:5899.85㎡(1784.70坪)
延床面積:3900.38㎡(1207.08坪)

お客様の想い

地方郊外の拠点駅から徒歩20分ながら、森に囲われた敷地。その森の外側には農地と住宅が混在する、街のそばでありながら自然の中に位置する恵まれた環境の、老人ホームの計画でした。当初、お客様は総2階建てで考えられていました。2LDK・1LDK・1Kなど、複数のタイプのある居室をつくりたい。森の中・自然の環境を生かし住む高齢者の方が誇りを持って、私ここに住んでいるのよと言いたくなる、高質感を持つ老人ホームを設計して欲しい。森の中の館をつくりたいとご要望がありました。

要望のポイント

・自然環境を生かす
・高質感
・森の中の館

設計・提案内容

森・林の中という環境を最大限感じられる場にする為、地面に近いところに、より多くの方が住む部屋をつくりたいと考え、総2階では無く、平屋と2階建ての2棟をつなげる形を提案しました。1階の住室には、専用庭をつくり、戸建てに住んでいる様な生活を送れます。
大きな中庭をつくり、光・風・自然が建物の中に入り込む、構成にしています。屋根の形に、傾斜した天井の吹抜けを持つ食堂は、それぞれのエリア毎に設けており、素材を変えることで異なる空間となり、建物の中にいても場の変化を感じられます。自然をおおらかに取り込む吹抜け空間が、リゾートホテルの様なゆったりした空気感を生み出します。木や土壁などの素材も使い、自然の肌ざわりを取り入れました。
周囲の環境に馴染む様、家の形をした切妻屋根の外観を持っています。家型の屋根は食堂吹抜けの斜めの天井になり、外観と内部空間のデザインが一体化しています。平たい屋根は、コンクリートでつくる為重くなりますが、家型の屋根をガルバリウム鋼板でつくることで、軽くなり、耐震性が上がり、コストを下げる効果も生まれました。

完成後の様子・お客様の声

人気の老人ホームとなり、ご入居された方は、自分の家と感じている様で、庭をつなぐ遊歩道での散策や、専用庭での家庭菜園など、個人の生活も・入居さん同士の生活も楽しんでいます。

設計:株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
https://www.ogino-a.com/moriya-home


小木野貴光

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
Interview
Mail
TEL:
03-5948-9673
用途(場所) 施設(全景),店舗(内装),洋室,施設(内装),リビング
​森の中の老人ホームの写真
小木野貴光の他の写真をみるもっとみる
施設(全景)画像の他の写真をみるもっとみる
LINEで送る
Share on LinkedIn

Top