プロフェッショナルが生み出すこだわりの作品集
こだわりの作品3,000枚以上!理想の空間がきっと見つかる、建築ギャラリーサイト
とっておきのアイデア、こだわりの作品、ユニークな発想、投稿募集中!!
What's new by Takumi

古市 久美子

わたしは山へ登ります。
大きな岩や木々が構成する空間に、これは家のようだと思うときがあります。
家づくりにおいても、家のなかに暮らしを閉じ込めないことを気にかけています。
家を建てたことで、その土地とその場所とのびやかな関係が結べるようになる、そういう家づくりを目指します。
こだわりの建築家・デザイナー
建築家、デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々がご活用されてます。
NEW RELEASE
新規作品
建物外観(夜景)
水平線の家 大海原の風景と暮らす家
太平洋の大海原を見渡すことのできる高台に建つ住宅の計画です。

遮るものの無い海の景色を楽しめるように21メートル×8メートルの2階建ての建物ボリュームを敷地の海側に寄せて海岸線に平行に配置しました。特に眺めのいい2階にはリビング、ダイニングやベッドルームなどのプライベートエリアを。1階にはエントランスや書斎、クローゼットやゲストの宿泊に使用する離れの和室を配置しています。

2階中央の東西に配置された耐震要素となる柱と壁を境に、海側には約45畳の広さのある海の景色を満喫できるリビングダイニング、海とリビングを見渡すことのできるキッチン、リビングとバスルーム双方から利用できるテラス、3方をガラスに囲まれ海の景色を存分に楽しむことができるバスルームが配置され、それらを取り囲むように21メートルのパノラマウインドウが配置されています。北側は南アルプスや富士山を望むことのできる主寝室や子供部屋、トイレ、クローゼットを配置しています。

1階には海に向かって開かれたエントランスのピロティから海に向かって開かれたエントランスホール、書斎、クローゼットのあるプライベート部分と、ゲストの宿泊に使用するためのバスルーム、キッチンのある和室へアクセスすることができます。海側の各室はそれぞれ海の景色を楽しむことができ、連続した外部のバルコニーに出て潮風を感じる事もできます。

3.6mの均等スパンの鉄骨の架構は中央の通りの通し柱で地震力を負担することで2階海側のパノラマウインドウ部分の柱はサッシ方立と同等の50mm×75mmのフラットバーとしています。

透過性とともに断熱性能を確保するため開口部には12mmの空気層を持つペアガラスを採用しています。屋根には100mm、外壁には40mmの断熱材を使用し、省エネルギー等級4と同等の断熱性能を確保しています。晴天率の高い地域性を考慮し特に夏季の日射調整のため1.8mの出のある庇を設けています。
建物外観
佐倉の別荘 子育て世代の週末住宅
東関東自動車道の佐倉ICから程近い丘陵地。周りを畑や雑木林に囲まれた敷地に建つ週末住宅の計画です。

都心に住むクライアントご家族は今回の計画地と周辺の広大な山林を購入され、週末に野菜や果樹の栽培や、お子様たちの自然の中での自由な遊びと学びの場として週末住宅の建設を決心されました。

南北に長い計画敷地と西側に隣接する広大な所有地の奥行きに対して開くように、23メートル×10メートルの片流れのボリュームを敷地の中央に配置しました。建物の東側には敷地の入口から建物中央部に設けられてエントランスに続く並木道を。西側には隣接する広大な山林に続く芝生の広場が広がっています。

エントランスのドアを開けホールに入ると、屋根のある半屋外のエクステリアダイニング越しに奥行きのある芝生の広場の景色が広がります。エントランスホールを境にして北側にはメインと子供たちのベッドルームとバスルーム、ウォークインクローゼットなどのプライベートエリアを。南側には25畳のリビングダイニングとダイニングとの間の窓の開閉で使い方を変更できるキッチン、玄関ホールの脇にはクローゼットを配置しています。

特徴的な片流れの屋根は23メートルの長さに渡って同じ架構の小屋組みがあらわしとなっておりインテリアを特徴付けています。小屋裏の部分にははしごで上がる子供たちのスペースが南北に2つ用意されています。北側の小屋裏スペースは大人数の来客時の寝室として。リビングダイニングを見下ろす南側の小屋裏スペースは子供たちのためのライブラリーや勉強のためのスペースとして利用されます。

フラット35S金利Bプランに対応するため、省エネルギー等級4を取得しています。屋根には100mm、壁には40mm、床下には50mmの断熱層を設け、屋根と外壁は通気工法を採用しています。室内側の仕上の下地には防湿層を設け気密性を確保しています。また、開口部にはすべてLow-eガラスを採用しています。
作品をカテゴリーから探す
Top